スポンサーリンク

ウモウケイトウ・キモノ|近所のホームセンターの園芸店で見かけた花がろうそく状の色々な色の花

umoukeitoukimono オレンジ色系の花

 近所のホームセンターの園芸店に立ち寄った際に見かけた花がろうそく状の色々な色の花をiphone11で撮影しました。(2020年11月9日撮影)

 下の写真をご覧ください。

 名札を見ると、ハッピーキャンドルとあり、さらに鉢植えに貼ってある名前を見ると、ウモウケイトウ・キモノとありました。

 ハッピーキャンドルは、商品名であり、ウモウケイトウ・キモノが正式名でしょう。

 画像検索で調べると、「Celosia」とでました。

 これは、「ケイトウ」のことであり、ケイトウには種類が沢山あり、ここに写真で示した「ケイトウ」の種類が、ウモウケイトウ・キモノです。

 「ウモウケイトウ・キモノ」そのもののWikipediaはありません。

 「ミニケイトウ ‘キモノ’シリーズ」によると、

キモノケイトウ(きもの鶏頭、学名:Celosia argentea ‘Kimono series’)はウモウケイトウのミニ(極矮性)のものです。草丈が10~20cmと極端に低く、花の占める割合が草丈の半分ほどもあります。花色は赤、黄、橙、ピンクと豊富で、鉢植えや、小花壇に寄せ植えするのに適します。

https://www.flower-db.com/ja/flower:1728

とあります。

 「ウモウケイトウ・キモノ」の特徴や育て方についての記事を3つほど載せますので、興味のある方は参考にしてください。

 「ウモウケイトウ・キモノ」の花言葉についての記事を3つほど載せますので、興味のある方は参考にしてください。

ウモウゲイトウ(羽毛鶏頭)の花言葉 | 花言葉の手帖|はなこと
ウモウゲイトウ(羽毛鶏頭)の花言葉には「おしゃれ」「情愛」「奇妙」「色褪せぬ恋」「気取り屋」「感情的」「博愛」などがあります。ウモウゲイトウ(羽毛鶏頭)のさらに詳しい花言葉の意味やエピソードをまとめて解説しています。
ケイトウ(鶏頭)の花言葉|代表的な意味は?種類や品種、特徴は?|🍀GreenSnap(グリーンスナップ)
燃え上がる炎のように真っ赤に咲き誇るケイトウは、夏の花として代表的な品種です。ニワトリのトサカの様な花の姿も独特で人気があります。現在では品種改良が進み、花色も、赤やピンクだけでなく緑色、オレンジ色、...
9月5日の誕生花 ウモウケイトウ(羽毛鶏頭)の花言葉「色あせぬ恋」、ふさふさした花穂が「おしゃれ」なケイトウ(鶏頭) | 弥生おばさんのガーデニングノート「花と緑の365日」 - 楽天ブログ
初夏から秋まで、長楕円形の葉をつけた茎先に、ふさふさした羽毛のような柔らかな花穂がボリュームたっぷりの円錐形になり、花穂の下方に赤い小花が咲きます。9月5日の誕生花は、こんもりとまとまって秋を彩る花、ウモウケイトウ(羽毛鶏頭)。花の名は、ニワトリの頭についている真っ赤なトサカ(鶏冠)のような花の形からつけられたケイトウ...

ウモウケイトウ・キモノの基本情報

写真umoukeitoukimono
学名
Celosia argentea 'Kimono series'
ヒユ科
属名ケイトウ属(セロシア属)
英名Feather cockscomb 'Ki mono' series
原産地インド、熱帯アジア
開花期7月~11月
花の色
ピンク

オレンジ
別名ミニケイトウ
矮性ケイトウ
ケイトウ, キモノ
花言葉おしゃれ
色あせぬ恋

コメント

タイトルとURLをコピーしました