スポンサーリンク

オキザリス・桃の輝き|近所のホームセンターの園芸店で見かけたピンク色の花

okizarisumononokagayak ピンク色系の花

 近所のホームセンターに買い物ついでに立ち寄った園芸店で見かけたピンク色の花をiphone11で撮影。(2020年12月16日撮影)後に、インターネットで特徴などを調べたので紹介します。

 下の写真をご覧ください。

 名札には、「オキザリス・桃の輝き」とありました。

 「オキザリス」そのもののWikipediaがありませんが、「カタバミ属」を学名カナ読みでオキザリスと呼ぶようです。

 Wikipediaより一部抜粋すると、「カタバミ属」は、

カタバミ属(カタバミぞく、学名Oxalis)はカタバミ科に含まれる植物の一群である。の美しいものは園芸用に栽培され、多くは学名カナ読みでオキザリスと呼ばれる。
【特徴】
カタバミ属は小柄な一年草、あるいは多年草である。地下に鱗茎根茎を持ち、地上にはを伸ばす場合もあるが、ほとんど伸ばさないものもある。
三出複葉、四出、あるいは奇数羽状複葉のものもあるが、日本産のものはすべて三出複葉で、しかも頂小葉と側小葉の区別がほとんどつかないようになっている。この葉は夜間に閉じる。
葉腋から一つ出るか、柄の先に集散花序として出る。花弁は5、雄蘂は10。雌蘂は五室で、果実になるとそれぞれの部屋の背面が裂けてそこから種子を飛ばす(蒴果)。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%83%90%E3%83%9F%E5%B1%9E

とあります。 

 「オキザリス・桃の輝き」についての特徴や育て方についての記事を3つほど載せますので興味のある方は参考にしてください。

 「オキザリス・桃の輝き」の花言葉についての記事を3つほど載せますので興味のある方は参考にしてください。

オキザリス・桃の輝きの基本情報

写真okizarisumononokagayak
学名
Oxalis hirta
カタバミ科
属名カタバミ属
英名オキザリスの英名
Lady’s sorrel
Wood sorrel
原産地南アフリカ
開花期10月~3月
花の色ピンク色
別名オキザリス・ヒルタ
キダチハナカタバミ(木立花片喰)
花言葉けっしてあなたを捨てません
輝く心
母親の優しさ
喜び
あなたと過ごしたい
心の輝き

コメント

タイトルとURLをコピーしました