スポンサーリンク

ニチニチソウ|近所の散歩で見かけた白、紫、ピンク色の花

ニチニチソウ白拡大 ピンク色系の花

 近所を散歩していて見かけた白、紫、ピンク色の花をiphone11で撮影しました。これをインターネットで調べましたの紹介します。

 下の写真をご覧ください。

 画像検索で調べると、「ニチニチソウ」と言う名の花でした。

 Wikipediaより一部抜粋すると、「ニチニチソウ」は、

ニチニチソウ(日々草、学名Catharanthus roseus)は、キョウチクトウ科ニチニチソウ属一年草。初夏から晩秋まで次々に花が咲くので、「日々草」という。キク科のヒャクニチソウとは異なる。
【形態・生態】
原種小低木で、匍匐する傾向があるが、一般には一年草として、観賞用に改良された品種は、直立するものが多い。
は長楕円形で、対生する。
は直径3~4cm程度で、花弁は5裂し、色は白、ピンク、赤、赤紫などがあり、中心だけ色が違うものもある。
【毒性】
ニチニチソウには、「ビンカアルカロイド[2]と総称される、10種以上のアルカロイドが、全草に含まれる。
そのうち、ビンクリスチンビンブラスチンには、細胞分裂阻害作用(チューブリン脱重合による)がある。抵抗剤として用いられるが、脱毛などの副作用毒性があるので、素人の利用は危険。貪食すると、嘔吐下痢程度では済まない。
・症状 – 中枢神経刺激作用、心機能障害、痙攣、筋肉麻痺、嘔吐。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%83%81%E3%83%8B%E3%83%81%E3%82%BD%E3%82%A6

とあります。毒性があるのですね。

 「ニチニチソウ」の特徴や育て方などに関する記事を3つほど載せますので、興味のある方は参考にして下さい。

 「ニチニチソウ」の花言葉についての記事を3つほど載せますので、興味のある方は参考にして下さい。

ニチニチソウの基本情報

写真
学名
Catharanthus
キョウチクトウ科
属名ニチニチソウ属
英名Rose periwinkle
Madagascar periwinkle
原産地マダガスカルなどの熱帯地域
開花期5~10月
花の色

ピンク
別名ビンカ
日々花
花言葉楽しい思い出
友情
生涯の友情
若い友情
楽しい追憶
優しさ
揺るぎない献身
美徳

コメント

タイトルとURLをコピーしました