スポンサーリンク

キンセイカ|近所のホームセンターの園芸店で見かけた黄色の花

kinsenka 黄色系の花

 近所のホームセンターに買い物ついでに立ち寄った園芸店で見かけた黄色の花をiphone11で撮影。(2020年12月16日撮影)後に、インターネットで特徴などを調べたので紹介します。

 下の写真をご覧ください。

 名札には、「キンセンカ」とありました。

 Wikipediaより一部抜粋すると、「キンセンカ」は、

キンセンカ(金盞花、学名Calendula officinalis)は、キク科植物。別名はカレンデュラポットマリーゴールド[注釈 1]。 最盛期は3月~6月、朝方に開花する一日花。
【概要】
原産地は地中海沿岸。北アメリカ、中央アメリカ、南ヨーロッパなどで栽培されている。春咲き一年草として扱うが宿根草タイプは冬を越すので「冬知らず」の名で市場に出回る。
葉は長さ5〜18センチメートルの単葉、しばしば荒い毛が生えている。花径10cmほどでオレンジ色や黄色の花を咲かせる。花容は一重、八重、また中心に黒のスポットのあるものと多彩。
日本では観賞用として花壇などに植えられるが、ヨーロッパでは原種はハーブの1つに数えられ、エディブル・フラワー(食用花)である。キンセンカの軟膏火傷からにきびまで幅広い皮膚のトラブルの治療薬になると考えられている。 「貧乏人のサフラン」、「エジプトサフラン」と呼ばれるように、花弁がサフランの代用品として利用されることが多い[3]
チョウ目の幼虫(ヨトウガキシタバヤガのような)の餌として用いられる。
キンセンカが作られたことを示すといわれる神話は、クリュティエヘーリオスの物語であるが、通常この物語はヒマワリヘリオトロープを指すとされる事が多い。もっともヒマワリはアメリカ大陸の原産であり、神話の時代にはギリシャでは知られていなかった。
中世の頃はキンセンカを眺めているだけで視力が強化されると考えられていた[4]

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%AB

とあります。 

 「キンセンカ」についての特徴や育て方についての記事を3つほど載せますので興味のある方は参考にしてください。

 「キンセンカ」の花言葉についての記事を3つほど載せますので興味のある方は参考にしてください。

キンセンカの基本情報

写真kinsenka
学名
Calendula officinalis
キク科
属名キンセンカ属
英名Pot marigold
原産地地中海沿岸
開花期12月~5月
花の色黄色
オレンジ色
別名カレンデュラ
ポットマリーゴールド
花言葉別れの悲しみ
寂しさ
悲嘆
失望

コメント

タイトルとURLをコピーしました