スポンサーリンク

金のなる木|近所のホームセンターの園芸店で見かけた薄ピンク色の花

kanenonaruk ピンク色系の花

 近所のホームセンターに買い物ついでに寄った園芸店で見かけた薄ピンク色の花をiphone11で撮影。(2020年12月13日撮影)後に、インターネットで特徴などを調べたので紹介します。

 下の写真をご覧ください。

 花の名札には「金のなる木」とありました。

 Wikipediaより一部抜粋すると、「カネノナルキ」は、

カネノナルキ(金のなる木、学名Crassula ovata)は、ベンケイソウ科クラッスラ属多肉植物。正式には、クラッスラ・ポルツラケア: Crassula portulacea)といい、園芸名では、カゲツ(花月)とも呼ぶ[2]和名フチベニベンケイ[1](縁紅弁慶)であるが、あまり使われない。
英語ではマネーツリー(money tree[要出典]、ダラープラント(dollar plant[2]などといい、硬貨に似ているのが名前の由来である。日本では栽培業者が五円硬貨の穴を頂芽に通して固定し、若枝が硬貨の穴を通ったまま成長するようにして硬貨がなったように見せかけ、一種の縁起物的な販売方法をとったため、「金のなる木」[2]や「成金草」の園芸名で俗称されることが多くなった。
【形態・生態】
常緑低木。樹高は無霜地帯の露地で栽培すると3メートル以上になる[2]
は多肉質の倒卵形で、葉身の長さは3 – 4センチメートル、明るい緑色金属樣の光沢があり、葉縁は赤みを帯びて[2]、特にからに鮮やかな色になる。また、葉にの入る種類もある。
株が成熟すると茎頂に集散花序を出し、白色から淡桃色の径1.2センチメートルほどの小花を多数つける[2]。開花期は冬である[2]

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%8D%E3%83%8E%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%82%AD

とあります。 

 「金のなる木」についての特徴や育て方についての記事を3つほど載せますので興味のある方は参考にしてください。

 「金のなる木」の花言葉についての記事を3つほど載せますので興味のある方は参考にしてください。

花言葉は「幸運を招く」!金のなる木を上手に育てるには?
なんとも縁起の良い名前をした植物「金のなる木(カネノナルキ)」。その名の通り、「富」や「一攫千金」「幸運を招く」などといった花言葉を持ち、新築祝いや開業祝いなどの贈り物として用いられることもあります。今回は、金のなる木の上手な育て方、育て方のポイントをご紹介します。
金のなる木の花言葉|花が咲くと不吉なの?風水の意味や種類は? - HORTI 〜ホルティ〜 by GreenSnap
金のなる木は、ころんと丸みのある葉っぱが特徴の観葉植物です。ベンケイソウという多肉植物の仲間なので、水やりの回数が少なく、丈夫で育てやすいことから初心者の方でも安心して楽しめます。また、縁起のよい名前なことも人気の理由です。今回は、そんな金のなる木の花言葉や風水の意味、種類や品種についてご紹介します。
金のなる木の花言葉|種類や風水、どんな花を咲かせる?|🍀GreenSnap(グリーンスナップ)
金のなる木は、ベンケイソウという多肉植物の仲間です。多肉植物なので水を体内に蓄える能力が高く、水やりの頻度も少なく丈夫なことから初心者でも育てやすい品種です。 今回は、そんな金のなる木の花言葉や風水の...

金のなる木の基本情報

写真kanenonaruk
学名
Crassula ovata
ベンケイソウ科
属名クラッスラ属
英名Crassula portulacea
原産地南アフリカ
開花期11月~2月
花の色白色
薄ピンク色
別名花月(カゲツ)
クラッスラ
縁紅弁慶(フチベニベンケイ)
成金草(ナリキンソウ)
花言葉一攫千金

幸運を招く
不老長寿

コメント

タイトルとURLをコピーしました