スポンサーリンク

イチョウ|近所を散歩していて見かけた黄色く紅葉していた樹木

ichou その他

  近所を散歩していて見かけた黄色く紅葉していた植物、イチョウをiphone11で撮影しました。(2020年11月23日撮影)後に、インターネットで特徴などを調べたので紹介します。

 下の写真をご覧ください。

 Wikipediaより一部抜粋すると、「イチョウ」は、

イチョウ銀杏[3][4]公孫樹[3][4]鴨脚樹[3][4][5]学名Ginkgo biloba)は、裸子植物落葉性の高木である[6]。日本では街路樹や公園樹として観賞用に[6][7][8][9]、また寺院や神社の境内に多く植えられ[6][7][8]、食用[7]、漢方[10][11]、材用[12]としても栽培される。樹木の名としてはほかにギンキョウ(銀杏)[13]ギンナン(銀杏)[4]ギンナンノキ[14]と呼ばれる。ふつう「ギンナン」は後述する種子を指す[9][15]ことが多い。
街路樹など日本では全国的によく見かける樹木であり[9]、特徴的な広葉を持っているが広葉樹[註 1]ではなく[16]、裸子植物ではあるが針葉樹ではない[16]
世界で最古の現生樹種の一つである[10]。イチョウ類は地史的にはペルム紀に出現し[17][18]中生代(特にジュラ紀[19])まで全世界的に繁茂した[7][18][20]。世界各地で葉の化石が発見され、日本では新第三紀漸新世[18]山口県の大嶺炭田からバイエラ属 Baiera[21]、北海道からイチョウ属の Ginkgo adiantoides Heer. などの化石が発見されている[22]。しかし新生代に入ると各地で姿を消し日本でも約100年前に絶滅したため[17]、本種イチョウが唯一現存する種である[18]。現在イチョウは、「生きている化石[23]として国際自然保護連合 (IUCN)のレッドリスト絶滅危惧種 (Endangered)に指定されている[1]
種子(あるいはそのうち内種皮および胚珠)を銀杏(ぎんなん)というが、しばしばこれは「イチョウの“実”」と呼ばれ、食用として流通している[3][9][24]。銀杏は、中毒を起こし得るもので死亡例も報告されており、摂取にあたっては一定の配慮を要する(詳しくは後述)。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%81%E3%83%A7%E3%82%A6

とあります。

 「イチョウ」の特徴や育て方に関する記事を3つほど載せますので、興味のある方は参考にしてください。

 「イチョウ」の花言葉についての記事を3つほど載せますので、興味のある方は参考にしてください。

イチョウの基本情報

写真ichou
学名
Ginkgo biloba
イチョウ科
属名イチョウ属
英名Ginkgo
Maidenhair Tree
原産地中国
開花期4月~5月
花の色
別名公孫樹
ギンキョウ(銀杏)
ギンナン(銀杏)
ギンナンノキ
花言葉長寿
荘厳
鎮魂

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました