スポンサーリンク

ヘルボルス・ニゲル(マリア)|近所のホームセンターの園芸店で見かけた薄ピンク色、白色の花

ピンク色系の花

 近所のホームセンターに買い物ついでに立ち寄った園芸店で見かけピンク色、白色の花をiphone11で撮影。(2020年12月28日撮影)後に、インターネットで特徴などを調べたので紹介します。

 下の写真をご覧ください。

 名札には、「ヘルボルス・ニゲル(マリア)」とありました。
 ヘルボルス・ニゲルは、クリスマスローズの別名であることが、Wikipediaより判明。
 (マリア)と付いているのは、この花が聖母マリアと関連した伝説があるからです。

 Wikipedia(日本語翻訳)より一部抜粋すると、「Helleborus niger」は、

Helleborusニガー通称、クリスマスローズ黒ヘレボルス、ある常緑 多年草 開花植物キンポウゲ科、内キンポウゲ科。有毒です。
花は野生のバラに似ていますが(そしてその一般名にもかかわらず)、クリスマスローズはバラ科(バラ科)に属していません。
【説明】
Helleborus nigerは常緑植物で、高さ9〜12インチ(23〜30 cm)の茎に濃い革のような茎の葉が付いています。真冬から初春にかけて短い茎に生えている大きな平らな花は、一般的に白いですが、ピンクがかった色になることもあります。[3]花びらの先端はピンクまたは緑に染まる可能性があり、黄色の目立つ中央のボスがあります。

https://en.wikipedia.org/wiki/Helleborus_niger

とあります。 

 「ヘルボルス・ニゲル」についての特徴や育て方についての記事を3つほど載せますので興味のある方は参考にしてください。

 「ヘルボルス・ニゲル」の花言葉についての記事を3つほど載せますので興味のある方は参考にしてください。

ヘルボルス・ニゲルの基本情報

写真Christmas rose
学名
Helleborus niger
キンポウゲ科
属名クリスマスローズ属
英名Christmas rose
原産地ヨーロッパ、地中海沿岸、カスピ海沿岸、中国四川省までの北緯40~50度の地域に生育
開花期12月~2月
花の色白色
薄ピンク色

別名クリスマスローズ
雪起こし(ユキオコシ)
花言葉いたわり
追憶
私を忘れないで
私の不安を取り除いてください
慰め
スキャンダル
中傷

コメント

タイトルとURLをコピーしました