スポンサーリンク

アロエ|近所を散歩していて見かけた変ったオレンジ色の花

aroe オレンジ色系の花

 近所を散歩していて見かけた変ったオレンジ色の花をiphone11で撮影しました。(2020年12月9日撮影)後に、インターネットで花名を調べたので紹介します。

 下の写真を見て下さい。

 画像検索で調べると、「アロエ」とでました。とても花の形が変わっているので容易に見分けがつき花名が分かりました。

 Wikipediaより一部抜粋すると、「アロエ」は、

アロエAloë)はツルボラン亜科アロエ属の植物の総称。多年草または、低木および高木となる多肉植物[1]、300種以上が知られている。南アフリカ共和国からアラビア半島まで広く分布するが、とりわけアフリカ大陸南部、およびマダガスカル島に集中し分布する。属名は、古代アラビア語のalloeh(苦みのあるの意)に由来し、葉に苦い汁があることににちなむ[1]。アラビア語でアロエを「ロエ」と発音したので、中国では漢字で音写した「蘆薈」とし、日本で音読みして「ロカイ」とも称した[2]。琉球方言ではこの漢字の中国風の発音「どぅぐゎい」と称する。

エジプトやギリシャなどで紀元前から利用が確認され[3]、日本には鎌倉時代に伝来したとされ、現在はキダチアロエ (Aloe arborescens) が九州瀬戸内海伊豆半島房総半島などの太平洋側の海岸に逸出し帰化(野生化)している。流通しているものとしてはキダチアロエの他にアロエベラ(A. vera)が多く、その他アロエ・サポナリア、アロエ・不夜城など多くの品種が食用のほか観賞用として栽培される。

アロエ属の分類体系によって変遷しており、APG体系の第3版ではススキノキ科とされている。過去にはユリ科[4]アロエ科ツルボラン科とされたことがあった。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AD%E3%82%A8

 「アロエ」についての特徴や育て方についての記事を3つほど載せますので興味のある方は参考にしてください。

 「アロエ」の花言葉についての記事を3つほど載せますので興味のある方は参考にしてください。

アロエの基本情報

写真aroe
学名
Aloe arborescens
ススキノキ科
属名アロエ属
英名Krantz aloe
原産地南アフリカ
ジンバブエ
開花期11月~2月
花の色オレンジ色
別名木立蘆薈(キダチロカイ)
医者いらず
花言葉苦痛
悲嘆

コメント

タイトルとURLをコピーしました